飛庄印剪定鋏
飛塚製鋏所

正統A型とSR型とは

A型とは、山形の故衡田久作氏によって開発、製作された鋏で、マルエーブル(白芯可鍛鋳鉄)の柄に高級鋼を真鍮でロー付けした製品です。(つまり使い減りして小さくなった刃を新しい鋼に付け替えも可能)

しかし最近ではロー付け出来る職人の減少と大変手間の掛かる工程の為、残念なことに全身鍛造のA型が主流になってしまいました。けれど鍛造のA型では金型の耐久性、加工のし難さ、高級鋼を多量に必要とする等の理由から、高炭素鋼を使用している製品は皆無に等しい状況です。

現在もロー付けに依る正統A型の製法を受け継いでいるのは当所を含めて全国でも2〜3の事業所と思われます。

ご購入の際は是非、下の写真の様にロー付けされているかを(接合面の金色のストライプ)ご確認なされる事をお勧めします。

 

 

剪定鋏SR−1型と姉妹品のSR−2型は、従来製品A型とB型の欠点をすべて克服した画期的な新製品です。つまり、A型はロー付けによって刃に良質ハガネを使用できる反面にぎり部がマルエーブルの為、多少重さが犠牲になりました。また、B型は全身鍛造の為、金型の耐久性や、仕上げにくさ、コストの点で比較的カーボン量の多いハガネは敬遠されがちでした。

そこで、このSRシリーズは贅沢にも高級刃物鋼の全身鍛造に踏み切り、鋭い切れ味と耐久性、軽量にての強靭性を実現し、にぎりの部分も手がすべらず、疲れのない形状に設計しまた。

さらに、ハガネの特性を最大限に生かす為、組織の球状化に始まり、熱影響の少ない湿式研削、自動制御による焼き入れ、焼戻しの電気炉等、熱処理にも万全を期しております。