飛庄印剪定鋏
飛塚製鋏所

特色・特長

飛塚製鋏所 製品の特色

山形を代表する伝統工芸として、一品一品手仕上げを基本とし、量産品には真似の出来ない、人間の感性に合った繊細な使い心地と鋭い切れ味を実現しています。その製造技術の特徴として、

1.山形独自の鍛造技術
鋼を壊さない低温加熱で、何度も繰り返し打つ事により、不純物を除去し鋼の組織をより密なものとする。(硬度を増し、且つ粘り強い素材となる。)

2.鉛バスによる完璧な熱処理
鉛を溶かし(およそ800℃)、その上で炭を燃やし、浸炭効果により、さらに硬度を高める。そして無酸素状態の中でじっくり加熱→冷却する。それによって、過熱、酸化、脱炭を防ぎ、理想の焼入れ組織となる。高周波加熱は一切行わない。

3.秘伝の裏スキ技術
切り刃の裏面を三次曲面状態に隙かせ、受け刃は、刃前から峰に向かって低くなる様にひねりを付け、刃の根本から先まで“点”で重なり移動して行く(皮等が切り残る事がありません)。

4.山形特産剪定鋏の刃付け(ハマグリ刃)
切り刃の部分が、ちょうど二枚貝(ハマグリ等)の表面の様に仕上げる事により、(図1)刃が枝に食い込んだ時の摩擦が少ない為、切り抜けが良く、その持続性は抜群です。
また、刃先角の鋭利さが、研ぎ減り(使い減り)しても、変化の少ないのも自慢の一つです。
機械加工に依る鋏では、二段刃(図2)が一般的です。

断面図
図1 図2

5.ネジ締めと調整
切れ味の基本となるネジ締めは、一丁一丁感触を確かめながら合わせ具合を見て、ガタがなくスムーズに開閉するよう、調整して行きます。


以上の主な工程から生まれる、当所の剪定鋏とその他園芸用鋏は、必ずや、使って頂く方にご満足して頂き、永年にわたりお付き合い下さるものと、自負しております。

飛庄印剪定鋏製造工程
 

ご使用上のご注意

新品の時は、刃がとても鋭利に付いているので齧りやすい状態です。馴染みが出るまではなるべく細い枝から順に切り慣らしてください。やむを得ず、太い枝を切らざるを得ない時は、刃の根本の方で鋏を枝に対して四十五度の角度に入れてゆっくり回す様に切ってください。また、力を入れて切る時は、刃を捻らないで垂直に降りる様に留意してください。
そうすれば、故障も無く大変長持ち致します。

鋏のお手入れ方法

使い終わりましたら、樹脂をなるべく乾かないうちに硬めの布で取り除き、鉱物油(エンジンオイル等で可)等を薄く塗ってください。
固まってこびり付いた時は、硬質プラスチック(三角定規の様な材質)で掻き取ってください。
そして、ネジ周り(内側の擦り合せ部)にオイルを一滴注入して頂ければ、いつも最高の調子でご使用頂けます。